All About Sam Worthington is one of the longest-running, premiere sources of the very talented great Australian Actor, Sam Worthington.
We are dedicated to delivering whatever related to Sam in Japanese language.
We are a non-profit fan site operated by his fans and are not affiliated with Sam Worthington himself or his representatives.
Our primary purpose is to support him and we have no intention to infringe copyright on the images, the articles and the videos posted here.
If you have any inquiries or comments on this website, please contact us.

2013年04月09日

Luke Evans Joins "Dracula Year Zero" (USA:2013/04/08)

サムが主演を熱望していたAlex Proyas監督の『Dracula Year Zero』。
残念ながら、その企画は製作予算の問題で、棚上げになってしまいました。

そうしたら今頃になって、企画が復活。しかしサムには主役のオファーは来ず、『タイタンの戦い』でちょっぴり姿を見せたアポロを演じていたLuke EvansさんにDraculaの役は決定したとのニュースが入ってきました。

Luke Evans Joins Dracula Year Zero (movieweb.com:2013/04/08)

NEt0OkQe5fm8wt_1_1.jpg

サムがとても気に入ったと話していた脚本の映画なので、完成の暁には観てみようと思います。

posted by dovescookies at 15:09| Comment(0) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

"Dracula Year Zero" Information Vol.6

そうです、そうなんです。2010年12月以来の情報更新であります。

DRACULA YEAR ZERO Gets New Life with Director Gary Shore; Producer Mike Deluca Still On Board (collider.com:2012/02/10) 

『Dracula Year Zero』に何が起こっていたかというと、『ノウイング』のAlex Proyas監督が去り、米ユニバーサルさまが制作予算の大きさのため、プロジェクトを棚上げしていたのでありました。その間、サムはインタビューに答え「脚本が何しろ素晴らしいんだ」との惚れ込み様でありました。

今回映画情報サイトCollider.comが伝えるところによると、ユニバーサルさまが再びプロジェクトを生き返らせ、監督には新鋭Gary Shoreを迎えたとあります。
ところが、気になるのが「サム・ワーシントンが姿を消した間に」という一文。
スケジュールの都合で(きちきちですものね)出演が不可能になってしまったのでしょうか?
続報を待ちたいと思います。
posted by dovescookies at 14:30| Comment(0) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

"Dracula Year Zero" Information Vol.5

こちらもコネタですが(笑)、『Dracula Year Zero』の監督に決定しているAlex Proyasさんの別の作品に関する記事の中からのニュースです。

Alex Proyas to Produce and Possibly Direct AMP
(collider.com:2010/12/01)

記事はこんな感じです。

Alex Proyasは、来年6月からオーストラリアでサム・ワーシントンを主役に迎えた『Dracula Year Zero』の撮影が予定されています。
プロデューサーのMike De Lucaに今年初頭に取材した時の話では、「スケールはドラキュラの『ブレイブハート』といったところで、超自然現象的なアクション満載の大ラブ・ストーリーになるはず」だそうです。

***

なんだかすごいですね!
しかし、むむむ・・・・『タイタンの戦い』続編は一体いつの撮影なんだ?と頭がこんがらかってきました。

おまけで『ブレイブハート』の予告編なんぞを。


posted by dovescookies at 14:30| Comment(2) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

"Dracula Year Zero" Information Vol.4

サムの主演が決定している『Dracula Year Zero』の脚本がダウンロードできるサイトのご紹介です。
(Thank you, Monica for this great find !)

Dracula Year Zero (2011) [2006-4-28][Digital][BL'06].pdf

上のリンクを開き「Click here to start download..」をクリックするとpdfファイル(120ページ)がダウンロードされます。

サムが「Obsessed with Film」のインタビューで「素晴らしい脚本」と評していたので、ぜひ読破しなければ(汗)
サムの話によると、撮影は来年の8月以降の予定で、Alex Proyas監督がメガホンを取る制作予算1億ドルの超大作です。

posted by dovescookies at 00:30| Comment(0) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

"Dracula Year Zero" Information Vol.3

6月のエントリーで、サムが正式契約した模様とお伝えしていた『Dracula Year Zero』ですが、その時のニュースで伝えられていた撮影開始時期(今年11月)が、その後決定した『Man on a Ledge』(今年10月撮影開始)と重なったため「???」になっていました。

そうしたら、オーストラリアの業界誌「Encore」が8月18日に「『Dracula Year Zero』の撮影は、「2011年6月よりオーストラリアで開始」とすっぱぬき報道し、にわかにサムが主役というニュースがバタバタと色々な映画情報サイトに掲載された次第です。

ということで、サムの『Dracula Year Zero』の主役Prince Vladが無事決定しました\(^o^)/

Sam Worthington Attached to Star in Alex Proyas' Dracula: YEAR ZERO; Filming Scheduled to Begin June 2011
(collider.com:2010/08/18)

この記事の中で新しく紹介されたのはプロデューサー、Mike De Lucaさんのインタビュー。
こんな感じです。

M:脚本家たちは、歴史上の実在のドラキュラとBram Stokerが描いた小説のドラキュラを独創的なアプローチで組み合わせることにしたんだ。それによって、トランシルヴァニアの若き王子Vladが彼の小さな国をヨーロッパ征服の足がかりとして利用しようとするオスマン・トルコの野望を阻止する史実に正しい姿を描くことになる。
(中略)
それから、私たちの脚本の中では、彼自身も犠牲者として描かれる。というのも、「串刺し公」の異名を得たのは彼がオスマン・トルコに従っていた時の行為のためだからね。
(中略)
私たちのDNAの中には、吸血鬼伝説に惹かれる何かがあるらしく、どの世代もお気に入りのものを持っている。私の世代はChristopher LeeやFrank Langellaのドラキュラ映画だったけれど、今では、『ブレイド』シリーズや『アンダーワールド』の人たちもいれば、子供たちは『トワイライト』シリーズがお気に入りだ。
(中略)
この作品は大きなスケールの映画になるよ。言ってみればドラキュラ主演の『ブレイブハート』みたいな感じだね。トルコ軍と戦うのに、多くの超自然的なアクションを盛り込んでいて、素晴らしいものになると思う。
それからスケールの大きなラブ・ストーリーでもあるし、それらの全てを盛り込もうとしているんだ。
一方ではあまりに壮大すぎてトリッキーな部分もあるから、どのように作り上げるのが最適か考えている最中だよ。

***

ということで、スーパーナチュラルで大河ドラマちっくな雰囲気になるのでしょうか?

プロデューサーのDe Lucaさん、熱く語っておられますが、話にも出てきたWesley Snipes主演の『ブレイド』シリーズのプロデュースもされていて、何気に吸血鬼がお好きのご様子。

それにしても、サムの仕事のスケジュールがさらに殺人的になってきましたね。
『Man on a Ledge』が終わったら、2011年1月撮影スタート予定の『Clash 2』、そしてこの『Dracula Year Zero』になりますが、『Clash 2』と『Dracula Year Zero』がかぶりそうな予感。
そして、『Avatar 2』のめどが立たないうちに『The Last Days of American Crime』や『Dan Dare』かしら、あれ?『Quartermain』や『The Candidate』は一体いつ??みたいな・・・・
健やかでヘルシーな生活をと願います〜。
posted by dovescookies at 00:00| Comment(2) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月06日

"Dracula Year Zero" Information Vol.2

1月28日にサムとUniversal Picturesが『Dracula Year Zero』という作品の出演交渉に入ったとお伝えしてから、約半年。
(以前のエントリーはこちらから)

業界のオーディション情報サイト「featureaudition.com」が伝えるところによると、どうやらサムは正式に契約をしたようです。

Universal Pictures casting down under for Michael De Luka feature film 'Dracula Year Zero'
(featurefilmauditions.com:2010/06/05)
(Many thanks to Mary of Sam Worthington Fansite)

記事の内容はこんな感じ。

Universal PicturesとMichael De Luka Productionは、『Dracula Year Zero』製作準備に入っています。Matt SazamaとBurk Sharplessが脚本を担当しているこの作品は、ヴァンパイア伝説と通称「串刺し公」ヴラド公の実話を織り交ぜた内容です。ストーリーは、ドラキュラを魔術と戦いが支配する暗黒の時代を舞台にした悲恋の中の英雄という姿で描き出します。

サム・ワーシントンがすでにヴラド公の出演契約をしており、Alex Proyasがメガホンを取ります。Proyasはオーストラリア・メルボルンで撮影された大ヒット作『ノウイング』のプロデューサー兼監督で脚本も手がけています。

撮影は2010年11月開始予定で、公開スケジュールは未定です。

(この後はオーディション情報なので省略します。どなたか受けますか?w)

ストーリーは、ドラキュラの起源をヴァンパイヤ伝説と「串刺し公」ヴラド公の実話を織り交ぜた叙事詩となります。ドラキュラを、魔術と戦いが支配する暗黒の時代の悲恋の中にいる不完全な英雄として描くことによって、Bram Stokerが描き出した怪物としての姿より、復讐心に燃える英雄と位置付けるようです。

***

これはなかなか興味深い作品になりそうです。
その前に歴史のお勉強が必要かもしれません。(特に管理人(汗))
Wikipediaのヴラド・ツェペシュに参考文献が数冊紹介されていました。

監督のAlex Proyasは『ノウイング』だけでなく『クロウ 飛翔伝説』や『アイ、ロボット』でも独特の世界観を持った監督さんなので、どういう風に伝説と実話を一体化させるのか楽しみですね〜。

(このヘアスタイルに挑戦するのかちょっと心配)
posted by dovescookies at 00:00| Comment(0) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

Sam @ "Dracula Year Zero" ? (2010/01/27)

昨日あたりからウワサがそこかしこのメディアを飾っていたのですが、映画会社が正式に発表したということなので、ご紹介します。

サムが映画会社Universal Picturesとドラキュラを題材にした映画主演のネゴシエーションに入ったとのこと。
この映画はドラキュラ伯爵伝説とその元となっているトランシルヴァニア地方のヴラド3世の実話を織り交ぜた内容で、決まるとサムはヴラド3世を演じることになります。

'Avatar' star Sam Worthington in negotiation to play Dracula
(Entertainment Weekly:2010/01/27)

まず最初に独占スクープで伝えたのは映画情報サイト「Latino Review」(2010/01/25)でしたが、その内容が「演じるかもしれない」レベルだったので、見守っておりました。

News : Exclusive:Sam Worthington To Topline Universal's Dracula:Year Zero ?
(Latino Review:2010/01/25)


(なんかビミョー)

記事の和訳は以下からどうぞ。

Read more.....
posted by dovescookies at 00:00| Comment(4) | Dracula Year Zero | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする