All About Sam Worthington is one of the longest-running, premiere sources of the very talented great Australian Actor, Sam Worthington.
We are dedicated to delivering whatever related to Sam in Japanese language.
We are a non-profit fan site operated by his fans and are not affiliated with Sam Worthington himself or his representatives.
Our primary purpose is to support him and we have no intention to infringe copyright on the images, the articles and the videos posted here.
If you have any inquiries or comments on this website, please contact us.

2010年05月18日

"Quartermain" Information Vol.3

5月17日はYahoo!ニュースからLivedoorから、とにかくびっくりする数のメディアがサムの新作のニュースを配信していたのですね〜。
ということで、気が早いかもしれませんが映画カテゴリーに『Quartermain』を新設、こちらに情報を集めていきまーす。

ああ、もう日本でも大スターの扱いだ晴れ

その中でもう少し詳細に内容に触れているものをピックアップ
(あと掲載されていた写真がかわいかったので(笑))

大作続きのサム・ワーシントン、新作で冒険小説のヒーローに
(Hollywood-ch.com:2010/05/17)




全世界で3Dブームを巻き起こした「アバター」の主役サム・ワーシントンが、今度は冒険小説のヒーローに扮するようだ。

ロイターによると、ワーシントンが主演するといわれているのは、ヘンリー・ライダー・ハガードの冒険小説「ソロモン王の洞窟」を原作とするSF作品「Quatermain(原題)」。タイトルは小説の主人公で、冒険家アラン・クォーターメインの名前からきている。同小説は何度も映画化されており、ブレイク前のシャロン・ストーンが出演する「ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝」(86)もその内の一つ。また「リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い」(03)でショーン・コネリーが演じていたのもクォーターメインである。

新作の「Quatermain」では設定を一新、人類が地球を離れた後の地球を舞台に、宇宙から地球へ戻ったクォーターメインの冒険が宇宙規模で描かれる。

現在のところ監督は未定のようだが、製作は人気TVシリーズ「ヤング・スーパーマン」を手がけるアルフレッド・ガフとマイルズ・ミラー。ワーシントンは彼らと共に今作品でプロデューサー業にも挑戦する。「アバター」(09)以降、「ターミネーター4」(09)、「タイタンの戦い」(10)など大作への主演が続くワーシントンだけに新作映画も世界的ヒットの予感!?


***

うひゃ〜とちょっと思ったのは共同プロデューサーに名前を連ねているお二方、管理人の苦手なドラマのコンビでありました。
(ファンの方ごめんなさい)
どうしよう・・・・。
脚本はすでに昨年末に仕上がっているとはいえ、監督が未定というのも、いつものサムのお仕事を決めるプロセスとちょっと違っていること。
もしかしたら内々に「だれだれ」という通知があったのかもしれませんが・・。
手堅いDreamWorksさんのお仕事なので、ぽしゃりはないだろうと信じます。
posted by dovescookies at 03:00| Comment(2) | Quatermain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Sam @ cinematoday.jp (Japan:2010/05/17)

5月15日のエントリーでお知らせしたサムの新作『Quartermain』ですが、日本の映画情報サイト「シネマトゥデイ」さんも記事を掲載しましたので、ご紹介します。
(マクノスケさん、お知らせありがとうございます!)

サム・ワーシントン、プロデュース業に!H.R.ハガードの冒険小説の映画化作品で主演・製作
(cinematoday.jp:2010/05/17)


[シネマトゥデイ映画ニュース] 
大ヒット映画『アバター』のサム・ワーシントンが、プロデュース業へ乗り出すことが明らかになった。業界紙ハリウッド・リポーターのブログ版が伝えたところによると、サムがドリームワークスの新作映画『クォーターメイン』(原題)で主演を務めるとのこと。サムは、マイルズ・ミラーとアルフレッド・ガフと共にプロデューサーとしても名を連ね、本作はサムにとって初めてのプロデュース作品となる。


映画は、イギリスの冒険小説家ヘンリー・ライダー・ハガードの代表作「ソロモン王の洞窟」に登場する、冒険家アラン・クォーターメインが活躍するSFアドベンチャーとなる。ストーリーは、原作であるシリーズ小説をおおまかに脚色し、地球からすべての人類が去った時代を舞台に、アラン・クォーターメインが宇宙から地球へもどり、『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』のような大冒険をする展開だ。


アラン・クォーターメインが登場する、シリーズ第一作目の小説「ソロモン王の洞窟」は、これまでに何度も映画化されており、1937年と50年に映画『キング・ソロモン』、58年に『ソロモン王の宝庫』、85年に『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』、86年にその続編『キング・ソロモンの秘宝2/幻の黄金都市を求めて』、2004年にテレビ映画『キング・ソロモンの秘宝』が製作されている。また、主人公のアラン・クォーターメインは、2003年の映画『リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い』にも登場しており、同作ではショーン・コネリーがクォーターメイン役を演じている。


映画『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』は、スティーヴン・スピルバーグ監督映画『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』の大ヒットを受けて製作された冒険活劇映画のひとつで、今回の『クォーターメイン』(原題)は『ロマンシング・アドベンチャー/キング・ソロモンの秘宝』を上回る、宇宙規模のアドベンチャー映画となる予定だ。主演を務めるサムがアラン・クォーターメインを演じ、映画がヒットすればインディアナ・ジョーンズに続く、人気ヒーローの誕生となることだろう。


***

『Last Days of American Crimes』でもプロデューサーを兼任すると報じられていますが、こちらは天下のDreamWorks製作作品なので、確実な感じですね〜。『キング・ソロモンの秘宝』シリーズまでは知っていましたが、『リーグ・オブ・リジェンド/時空を超えた戦い』でSean Conneryが演じたあのしぶーいリーダーがアラン・クォーターメインだとはピンと来ませんでした。
や、あの、Shane Westが演じてたトム・ソーヤーに目を奪われてたわけじゃないんですよ(あたふた)

そういえば、その『リーグ・オブ・リジェンド』にも登場していたネモ船長といえば、以前、マックG監督が「サムを主役に!」と発言したDisneyの『20,000 Leagues Under the Sea』ですが、進展がないままほにゃららになり、企画が消えたかと思われていましたが、今度は監督David Fincher(『ファイトクラブ』『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』)がメガホンをとるという話で動きだしたそうです。うーん、Fincher監督になったら、サムはご縁がなさそう。でも、ブラピがネモ船長っていうのも何だかピンときませんしね〜。
posted by dovescookies at 00:30| Comment(4) | Quatermain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

Sam @ to star in "Quatermain"(2010/05/13)

『The Fields』撮影中のサムにまた新作映画の話が舞い込んできました。

Sam Worthington heads back to space in "Quatermain"
(Hollywood News.com:2010/05/13)

記事の内容はこんな感じです。

『アバター』『タイタンの戦い』のサム・ワーシントンがDreamWorks制作のSF作品『Quatermain』に主演します。
この作品はH.Rider Haggaredが生み出した「キング・ソロモンの秘宝」で有名なヒーローAllan Quatermainのストーリーで、その続編のタイトルが「Allan Quatermain」です。
Quatermainは、何が待ち受けているかわからないアフリカを舞台に秘宝と友人の行方不明になった兄弟を探す冒険の旅に出ることになります。

1985年に映画化された『キング・ソロモンの秘宝』は、アメリカ国内で1500万ドルの興行収入を稼ぎ出し、1987年に公開された続編の『キング・ソロモンの秘宝2 幻の黄金都市を求めて』は380万ドルの成績を残しています。

情報サイト「Hollywood Reporter」によると、今回のストーリーは一作目のプロットを採用しますが、舞台は未来の地球になるそうです。

監督の情報はまだ明らかにされていません。

ワーシントンは、シリーズものの作品への出演で興行的に大成功を収めています。3D作品の『アバター』『タイタンの戦い』そして2Dの『ターミネーター4』によって36億ドルという数字に上っています。
彼のキャリアは、ちょうど『ロード・オブ・ザ・リング』そして『パイレーツ・オブ・カリビアン』に出演したOrlando Bloomに似ていると言えます。がサムの真価は出演作品がシリーズ化された時に問われることになるでしょう。また、Bloomが『エリザベスタウン』と『キングダム・オブ・ヘブン』では散々な興行成績になっているのも見逃せません。

ワーシントンは現在シリーズ化される可能性のないAmi Canaan Mann
のスリラー映画『The Fields』に出演中です。

***

日本では『インディー・ジョーンズ』シリーズにイメージが似ているからか、あまり評判がよくなかったRichard Chamberlain主演の2作です。
サムの現在のスター・パワーでよみがえらせることが出来るでしょうか?
それにしても、一体、いつ、サムはお休みを取るのでしょう?
3年後?

おまけ:
Richard Chemberlain主演作品はこんなイメージ。
隣りにはSharon Stoneの姿が・・・

posted by dovescookies at 00:15| Comment(0) | Quatermain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする