All About Sam Worthington is one of the longest-running, premiere sources of the very talented great Australian Actor, Sam Worthington.
We are dedicated to delivering whatever related to Sam in Japanese language.
We are a non-profit fan site operated by his fans and are not affiliated with Sam Worthington himself or his representatives.
Our primary purpose is to support him and we have no intention to infringe copyright on the images, the articles and the videos posted here.
If you have any inquiries or comments on this website, please contact us.

2013年05月10日

Sam Worthington @ "The Ellen DeGeneres Show" on air on May 20 (Japan:2013/05/10)

まちゃ!さま、風子さまに教えていただきました情報です。
BSのDlifeの5月20日(月)20時〜の「エレンの部屋」にサムが登場します。
(まちゃ!さま、風子さま、情報ありがとうございました!)

Ellen_Degeneres_Show1.jpg
頭の回転の速い、エレンとの一騎打ち、楽しみですね〜♪

posted by dovescookies at 16:36| Comment(2) | TV Appererances | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

Sam Worthington @ "Rove" (Australia:2009/11/15)

【再追記】2010/12/29
2010年12月28日夜中に管理人が本ブログを始めたきっかけになった『ターミネーター4』が放送されたので、あらためてエントリー。
これまでお読み頂いてこられた方にはサムがどれだけChristian Baleさんを大好きかご存じと思いますが、それで思いだしたこのインタビュー、空耳を一挙にUpいたします(笑)

***
R:サム・ワーシントン、元レンガ職人の彼は俳優に転じ、ハリウッドでのキャリアを築き始めています。『タップ・ドッグス』で映画デビューし、シェークスピアの『マクベス』現代版や、賞を総なめにしたSomersault』に出演、その後も『ターミネーター4』ですっかり見せ場をさらい、ジェイムズ・キャメロンの手により選ばれ、話題の3D超大作『アバター』の主演を務めました。さあ、皆さん、我らのサム・ワーシントンです! 
R:なんだかすごい服装ですね。
S
:このセットを見たら、今はちょっとくだけ過ぎかなと思うけど、バーベキューやるんだから、まさにふさわしい服装だと思うよ。
R
:(ちょっと分かりませんでした)今日はお土産を持ってきてくださったんですよね。
S
:うん、万が一寒かったらと思って自分用のジャージと(がさごそ)バーベキューやるって聞いたから、スナッガーと、君が料理するかは分からないけどエプロンと
R
:わお、ジェイムズ・ボンドの柄ですね。
S
:うん、グリルのライセンス(殺しのライセンスのもじり)って書いてあるんだよ
(観客爆笑)
R
:プラスチックの鶏でもいいならね〜。
S
:それからバーベキューにはビールがあると思ったから、箱入りワインを持ってきたよ(と出したのはサムの故郷パース近くのMargaret Riverのシャルドネ)
R
:わお〜ありがとう(栓を開けるのに手間取る)
S
:(手伝って栓を開けて)俺も君や、これを見てるみんなと同じように育ってきたからさ、これで踊りでも踊るのがいい考えだと思ったんだよね
R
:(爆笑)
S
:それで酔っぱらってきたら枕としても使える箱だし、ほら開いた。
R
:僕にふさわしいな
S
:ちょっとこの水をまいちゃって(とセットの後ろにグラスの中の水をまいて、自分にワインを注ぐ)
(観客爆笑)
R
:そうだね(後ろにマグカップの水をまく)
S
:後ろの人が濡れちゃったね、かわいそうに

RMargaret Riverのワインはいいですよね

S:乾杯!
(乾杯に場内湧く)
R
:『アバター』についてですが、えっとその他にも大作に出ているでしょう?そして『アバター』の公開が目前になってます。僕も数日前に観たんですけど、本当に素晴らしい作品です。それからすごいCG技術が駆使されていますが、どれくらい、あなた自身が演じてますか?
S
:50:50ってとこかな。まず最初から話すと、これはジェイムズ・キャメロンの作品で、ジムといえば『ターミネーター』シリーズや『エイリアン』シリーズ、それから『タイタニック』を撮った人なんだけど、彼が次回作としてこれを撮るのに10年、12年かかったんだよ。まず彼に最初に会った時に言われたことが「私は観客を映画館に戻ってきてほしいんだ」ってことだった。で、これは3D超大作で、誰もこれまでに観たことのない作品で、観たとおり尻尾のある大きな青いエイリアンが登場するんだけど、彼らが住んでいる惑星が舞台になっていて、全部CGで出来ているんだ。で、3D眼鏡をかけて観ると、まさに観客がそこにいるような気持ちになるんだよ。撮影は14ヶ月間だったけど、ジムがこれを撮るためには5年かかった。
R
:あなたはジムに選ばれたんですよね。
S
:ああ、彼は愚か者だからね
R
:(笑)オーディションに呼ばれた時にこんな大作だと思っていましたか?

S:ちょうどその頃、30歳になったばっかりで人生の危機みたいなのを体験してて・・・

R:身辺を綺麗にしたいって感じですか?(笑)

S:(笑)そうなんだよ。その時持っていた家財道具一式をオークションで友達に売り払って、車で生活してたんだ。君も考えてるだろうけど、自分が何者なのかを理解したくてね。
(場内爆笑)
R
:(ワインを飲み干す)
S
:自分がこの世界にどういう風にしたらなじむだろうみたいなことを考えてて、そんな時に電話をもらって、オーストラリアでオーディションを受けたんだ。その時は監督が誰なのか、なんて作品なのか知らされなくて、何も分からないまま、受けたんだよね。そしたら、1週間後に電話がかかってきて、ジム・キャメロンが俺にアメリカに来てほしいって言ってるって。なんで?って聞いたら、新作のためだってことだったんだ。それで、彼に会いに行ったんだ。俺は車暮らしだし、失うものは何もないし、っていうことはすべてが新しく得られるってことだからさ。俺のすべてを出そうってね。それから、ジムと一緒に6カ月かけて、映画会社がオーストラリアから来た男に大枚を費やして主役をやらせるリスクをかけるか説得したんだ。ジムのいいところは、オーストラリア人みたいな考え方をすることで、こんな無名な俺を信じて、リスクを負って仕事をさせてくれたってことなんだ。俺にとってラッキーだったのは映画会社も最後には折れて、リスクを負ってくれたことだね。
R
:こういう作品を撮影する時には、何もないスタジオで走り回ったりするんですか?
S
:撮影は2通りあって、今みたいに俺そのものを撮るのと、青い方の部分は、「ボリューム」って言われる、これと同じくらいの大きさの場所で、グレーの壁に190個のカメラが設置されてて、キャストは銀色のボールがくっついてるウェットスーツを着て、ヘルメットをかぶり、顔には緑の水玉模様がかかれてて、本当にアホみたいに見えるんだよ。
R
:(笑)
S
:それで鳥に乗るシーンがあるんだけど、スタッフが大きな乗り物を作ってくれて・・そう、ああいうところに鳥がいるわけだ、それでそのとんでもない鳥にこんな感じで乗るんだよ。
(場内大爆笑)
S
:汚い言葉でごめんね(笑)
R
:そうでなくっちゃね〜。『アバター』と『タイタンの戦い』が待機中ですけど、最近『ターミネーター』シリーズにも出ましたよね。
S
:うんうん。
R
:あれが撮影中にChristian Baleがすごくキレちゃった作品ですよね。
S
:ああ・・・あれ、気が狂っちゃったみたいに聞こえるよね(笑)。
R
:クレイジーになっちゃっいましたよね。その場にいたんですか?
S
:いや、2ラウンド目じゃなかったから(笑)
R
:え!?
S
:1ラウンド目は、体にマイクがついてたからさ〜。ああ、俺も気をつけなきゃ。さっき悪い言葉使ったばかりだから(笑)実際のところ、クリスチャンに言ったんだけど、彼にメールを送って(とタイプする真似をする)、「よぉ!君ってすごい有名人だったんだねぇ」って。(場内爆笑)
S
:だって、あれ、リミックスが作られちゃって。
R
YouTubeとかでダンス・リミックス作られてましたもんね。
S
:「ファミリー・ガイ」でもやってて、すごく面白かったし。だから(と、またタイプする真似で)「有名人!おめでとう!」って送ったんだ。
R
:(笑)
S
:そしたら、彼からの返事があの例の通りだったんだよ。「ああ確かにアンタは良い人かもしれないけど、プロフェッショナルじゃないんだよ!」とか「ふざけてんじゃねぇ!」とかさ(笑)
R
:(笑)
S
:でも、彼はちゃんと自分がやり過ぎたってわかってるし、ラジオの番組でもちゃんと謝罪したよね。クリスチャンって、本当は、彼はすごく穏やかで大人しい人なんだよ。仕事は一所懸命するし、俺が知ってる中でも一番穏やかな人だよ。彼に聞いたんだけど、『バットマン』の撮影してた時に、マスクはものすごく暑くなるし、マントはすごく重いしで、休憩時間ぐらいマスクもマントも外したかったんだけど、彼がそうやって休憩してたら、もし子供達がその姿を見たらガッカリするんじゃないかって、心配だったらしいんだよ。
R
:そうですよね。
S
:それで、小さなテントを建ててもらったんだって。その小さなテントの中で一人で休憩してて、誰もしゃべりにも来てくれないし、声もかけてくれなくて半日も過ぎて、「なんでだろう?」って思いながら座ってたんだって。その頃周りの人達はテントの外で、「クリスチャンがもう役に入り込んでるよ!」って言っててね。
R
:(爆笑)
S
:「気をつけろ」「彼はクレイジーだから」「集中しているところだから」って話し合ってたんだってさ(笑)。でも、クリスチャン本人に会ってみたら、泥のプールの中でその水を半分も飲みながら文句ひとつも言わないで、それどころか楽しんで仕事してるんだよ。すごく良いヤツだよ。ホントに。
R
:それではこれから皆さんからの質問コーナーです。
(場内湧く)
S
:(頭をかきながら笑)
R
:ヴィクトリアの方からです。『タップ・ドッグス』以来タップダンススクールには通ってますか?
S
:正直言うと『タップ・ドッグス』の時、初めてタップダンスをやったんだよね。で、俺はこんな風に踊ってたのに膝から下のシーンはカットされてさ(笑)
R
:ニューサウスウェールズの方からです。沢山お酒を飲んだ後でやることはありますか?
S
:ぶっ飛ぶってことかな(笑)
R
:クイーンズランドの方からは、ジェイムズ・キャメロンは俳優たちに優しいですか?
S
:うん。
R
:本当に?
S
:うん。ただ現場に誰かが携帯電話を持ってきてたら、それを壁にくぎで打ち付けたんだ。それ以来、誰も現場に携帯を持ってこなくなったよ。
R
:それぞハリウッドですね。サムの主演している『アバター』は、12月17日にオーストラリア、ニュージランドで公開になります。サム、今日はありがとうございました。
S
:こちらこそ(またワインを口にする)
***
あらためてサムっていい人だな〜とほっこりしてしまいました(笑)

***

サムがオーストラリアの人気トークショー「Rove」にゲスト出演しました。
(2009/11/15)

sam-rove-20091115-1.jpg

サムがこの番組に出演するのは、2000年以来で9年ぶり。
今回のいで立ちは、Led ZeppelinのバンドTシャツに黒の短パンに裸足にサンダル!!
いつにもましてカジュアル度の高いコスチュームになっています(爆)

まずはキャストとゲストを交えてのトーク大会
「この一週間で何を学んだか」

(削除されました)

S:ビールを飲んでは小便をし、またビールを飲んでは小便をするってことは、とどのつまり自分の小便を飲んでるってことだと分かった。

ちょっとジェイムズ・キャメロンをネタにされて、頬が赤くなってる?サム

(削除されました)

このトークショー、10年続いたそうですが、サムがゲストのこの回が最終回。長い長いRove McManusのお礼の言葉の合間にちらちら映るサム

(削除されました)

そしてサムの出番。
ホストのRoveさんへのお土産といい、受け答えといい、お茶目なのと共に、彼はまさにオージーだ!という内容になっています。
サムほどun-Hollywoodな役者は、今、他にはいなさそうですね〜。


おまけは、サム着用のバンドTのLed Zeppelinの動画。
1960年代から1980年代にかけて世界を駆け抜けたロックの神様。
名曲ばかりの伝説のバンドですが管理人の独断と偏見でこの曲を選びました。

Led Zeppelin - Kashmir
posted by dovescookies at 07:30| Comment(7) | TV Appererances | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

Sam @ "The Ophra Winfrey Oscar Special" (2010/03/03)

アメリカ現地時間の3月3日夜10時から「The Ophra Winfrey Oscar Special」が放送されました。

Youtubeがどんどん削除されているため、映像の方は後に回すとして、サムの出演シーンの画像が公開されましたので、ご紹介。

Sam Worthington @ The Ophra Winfrey Oscar Special
(USA:2010/03/03)










なんかちんまりしていてかわいいですね

***

Zoeさんとの会話の部分だけFacebookで少し動画が公開されています。
アカウントが必要ですが、こちらからどうぞ。
いつも同様、サムがZoeさんをからかって「へっへっへー」と笑ってます。
posted by dovescookies at 00:30| Comment(0) | TV Appererances | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

Sam @ The Jay Leno Show (2009/12/17)

先日、Videoカテゴリーでご紹介した「The Jay Leno Show」の公式画像が公開されていました。

暫定的に「TV Appearances」というカテゴリーを新設しましたが、今後、どうなるか分かりません(笑)

Sam Worthington @ The Jay Leno Show
(2009/12/17)


(靴も片っぽ見つかったらしく雄姿を見せるサム)


(これを観ると余裕ありそですが)
 

(真剣です) 

 
(カーブだからさらに真剣です)

 
(本人が中で笑ってる)


(やっぱり足元が微妙に内股加減)
 

(何はともあれサムが楽しんだみたいでよかった!)

posted by dovescookies at 00:30| Comment(0) | TV Appererances | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする